業務内容

労働保険事務組合がおこなう事務手続きは

  • 労働保険の概算保険料、確定保険料の申告および納付事務
  • 労災保険・雇用保険の設置に関する事務
  • 労災特別加入申請等に関する事務
  • 雇用保険被保険者に関する届出等の事務
  • その他、労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

事務処理委託のメリット

事業主様に代わって、事務手続きを行います。
そのため、事務処理の負担が軽減され、人件費の削減、労働時間の有効利用ができます。

事業主様(共同経営者)や、ご家族の従業員の方なども、労災保険に加入できます。
※労働保険事務組合に委託しないと加入できません。

労働保険料の額に関わらず、保険料の納付を3回に分割できます。※通常は労働保険料が多額(40万円以上。有期事業では75万円以上)の場合のみ分割納付が認められています。

労災保険への特別加入とは


厚生労働省作成パンフレット(PDF)

労災保険は、労働災害を被った労働者やその遺族に、災害補償給付を支給する制度ですが、これは、もともと労働者の災害補償として創設されているものです。 しかし、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託した事業に関しては、事業主や家族従事者等は、その事業の労働者とともに、労働災害の補償を受けることができる「特別加入制度」に加入することができます。この制度は、労働保険事務組合に事務を委託することを積極的に推進するために設けられているもので、この制度に加入するために、労働保険事務組合に事務を委託したという事業主も数多くみられます。

労災保険に特別加入するには、加入申請書の提出や所定の労働保険料を納付する必要がありますが、これらは労働保険事務組合に委託した事務と併せて処理されます。

関西中央労務協会へのお問い合わせ

  • ホーム
  • 業務内容
  • 協会概要

〒600-8372
京都市下京区大宮通五条下ル東側
南門前町490番地LD_Studio

FPC社会保険労務士法人

株式会社FPサーカス